• O:der Table (旧SelfU)

おもてなし品質はそのままに、月あたり10万円の人件費削減を実現

大衆ジンギスカン酒場 ラムちゃん(株式会社一家ダイニングプロジェクト)河島 義矩さん

株式会社一家ダイニングプロジェクトが手掛ける話題のジンギスカン業態「大衆ジンギスカン酒場 ラムちゃん」に店内向けモバイルオーダーサービス「O:der Table(オーダーテーブル)」が導入された。O:der Tableでかなえる新しいおもてなしのかたちとは?「大衆ジンギスカン酒場 ラムちゃん」を運営する、株式会社一家ダイニングプロジェクト 業態統括マネージャー・河島義矩氏にその経緯を伺った。

※本インタビューは2020年10月に実施したものです。

「O:der Table」導入後メリット

1.ホールスタッフはおもてなしに注力。顧客満足度アップに貢献
2.お客様をお待たせすることなく、またミスもなく注文を受けられる体制に
3.接客品質はそのままに、月あたり10万円の人件費削減を実現

一家ダイニングプロジェクトの新業態“大衆ジンギスカン酒場”

株式会社一家ダイニングプロジェクトが手掛ける「大衆ジンギスカン酒場 ラムちゃん」は、2019年7月にオープンした第1号の柏店を皮切りに、現在では関東圏内に計8店舗まで拡大している。

同店では、肉質にこだわり抜いたジンギスカンが3,980円(税抜)で食べ飲み放題。加えて、卓上に設置された蛇口をお客様自身がひねって注ぐという一風変わったスタイルのハイボールタワーが幅広い世代から支持を集め、毎日多くの訪問者で賑わっている。


▲ハイボールタワー。ジンギスカン食べ放題コースを頼むとこちらも飲み放題に。単品注文の場合は60分500円(税別)で注文可能。

新しい取り組みが常に話題の一家ダイニングプロジェクト社だが、「大衆ジンギスカン酒場 ラムちゃん」では、2020年11月末時点で全8店舗にO:der Tableが導入されている。今回は、同社にて業態マネージャーを務める河島義矩氏にお話を伺った。

「注文を受ける」こと以外で差別化を。付加価値あるサービスに徹底注力

“大衆ジンギスカン酒場”ということですが、お客様の層は?

「カップルや同僚の方同士でのご利用が多いです。また、当店は焼肉と大衆酒場というふたつの業態を掛け合わせたかたちなので、それ以外にも幅広い層にご利用いただいています。シニアのご夫婦や、店舗によってはお子様連れのファミリーもいらっしゃいます」


▲株式会社一家ダイニングプロジェクト 業態統括マネージャー 河島義矩氏

御社は「日本一のおもてなし集団を目指す」と掲げていらっしゃいますが、「大衆ジンギスカン酒場 ラムちゃん」ではどのような取り組みをされていますか。

「仕入れや仕込みにももちろんこだわっていますが、非日常の空間で食事をしていただくことがとても大切だと認識しています。(接客の面では)たとえば、ただ注文商品を提供するだけでなくスタッフがお客様のお肉を焼いて差し上げて、一番おいしいタイミングをお伝えするなど。そういった付加価値のあるサービスを提供することで、顧客満足度向上に繋がるよう努めています。(空間演出の面では)ジンギスカンを家でやると煙や匂いなど後処理が大変ですよね。お店なら、設備もしっかり整っています。そして何よりおいしいお肉を食べながら、各席に設置されたハイボールタワーから、好きなタイミングで好きなだけ飲める、そんな環境をご用意しています」

素晴らしいですね。そんな中で、O:der Tableを導入されたきっかけや理由はどこにあったのでしょうか。

「(お客様目線で考えた時)自分のスマートフォンでオーダーができたらすごく楽だなと思っていたところ、O:der Tableに出会いました。卓上タブレットも検討しましたが、導入コストも嵩みますし、体験としてスマートじゃないかなと。「お客様がQRコード*を読み込んで、そのまま自分のスマートフォンから注文ができる」。これが一番の決め手です。

というのも、ご満足いただけるサービスを提供するにはどうしたらいいか、というところを突き詰めると「注文を受ける」部分は、僕たちが人として差別化するポイントではないのではという考えに至ったんです。O:der Tableで注文業務をカバーして効率化することで、先ほど申し上げたようにスタッフはお肉を焼いたり、おかわりを勧めたりといったアクションに注力できます」


▲実際の画面。食べ飲み放題を注文すると、画面上にも残り時間が表示される(スマートフォン左上)

ホール業務削減と顧客満足度アップの両立へ

O:der Table導入前後でホールスタッフの人数に違いはありますか?

「人件費を削減する目的で導入したわけではありませんが、例えば6人で回していたところを5人にするなど従来の人数から自然と1人減らして運用できています。月あたり10万円程度の人件費は削減できる見込みです。おかげさまで連日満席なのですが、バタバタするピークタイム時、特に力を発揮してくれていると感じています」

お客様の反応はいかがでしょうか。

「今は世の中の人がスマートフォンを当たり前のように使うこともあり、ほとんど説明しなくても自然に使ってもらえました。実際、O:der Tableの利用率は注文全体のおよそ80%にのぼります。また、モバイルオーダーを利用することで、お客様からするとスタッフを呼ばなきゃいけない、呼んでも来ないといったストレスをなくせる利点もあると思っています」


▲指定のQRコードからアクセスすると、メニュー閲覧〜注文〜会計までスマートフォンで完結できる

スタッフのみなさまへの周知はスムーズに進行できましたか?

「難しい操作はないので、オペレーションと併せて実際に操作しながら理解してもらえました。研修も1-2時間程度ですね。面白いのが、実はスタッフ側は最初やや抵抗感を持ってたんです。弊社がサービスに強みを持つことも重なり、接客を「聞いてなんぼでしょ」と捉えていたようで。ですが使ってみると、案外「あれ、いいじゃん」と。導入前後でスタッフの心境の変化はあったと思います」

さらなる高品質なサービスを目指して

最後に、今後注力していきたいことについて教えていただけますか。

「今後は提供スタッフをよりプロフェッショナルに育成していきたいです。今後の飲食業界は、家で食べられない本格的なものに価値をつけていかないと、生き残れないと思っています。当店で扱うジンギスカンも、焼く人によってクオリティが変わるんですよ。技術的な部分はもちろん、焼き加減やご説明も含めて、より特別なサービスを提供していく必要があります。そういった部分を仕組み化して、ブレなく高品質を保っていけるよう徹底したいです」


▲L-カルニチンが多く含まれるラム肉には、脂肪燃焼促進も期待できる(写真は「塩〆熟成 ラム肩ロース」)

※2021年1月より、旧プロダクト名「SelfU(セルフ)」から「O:derTable(オーダーテーブル)」へ名称変更しました。
※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

店舗情報

大衆ジンギスカン酒場 ラムちゃん 御徒町店

住所:〒110-0005 東京都台東区上野5-20-15  第二御徒町橋高架A
URL:https://ramuchan.jp/

Google Map

Our Service事業概要

Mobile Order Platformモバイルオーダー
プラットフォーム

デジタルによるパーソナライズと
合理化による新たな店舗体験

詳しく見る

OMO SolutionOMO
ソリューション

これまでになかった
店舗システムをデザインする

詳しく見る