互いにリスペクトして、結束できる。だから、いいプロダクトが生み出せる。

2015年1月入社

プロダクトデベロップメント部 プロダクトエンジニアグループ リーダー

小菅達也

SIerのエンジニアとしてキャリアをスタートさせ、経験を積んだのちソーシャルゲームのプラットフォーム運営企業へ。ゲームプラットフォームの開発と運用に計2年半携わり、2015年1月、株式会社Showcase Gigに入社。現在はサーバサイドエンジニアとして、「O:der」関連サービスのユーザビリティをバックエンドから支える。

仕事を通して自分自身が成長していける

Q. Showcase Gig(以下、SCG)に入社したきっかけは?
最初にSCGのことを知ったのは転職サイトの求人でした。なんとなく気になってコンタクトを取ってみたらすぐに面談の連絡が来たので実際に行ってみたら、いきなり取締役CTOの石亀が出てきて、ちょっと驚いたのが印象に残っています。そこで、現在の事業や今後の展開に関する話を2時間以上も熱く語ってくれて(笑)。これは、おもしろいことができそうな会社だなと。
Q. 現在の仕事内容を教えてください。
モバイルペイメント・プラットフォーム「O:der」のサーバサイドエンジニアをしています。具体的な仕事は、APIの機能追加や修正、システム構成の検討などです。「O:der」は現在進行形で多くの方に利用していただいているサービスなので、ときには動作に不具合が出るなど、システムトラブルが起きることもあります。そういった場合の迅速な復旧作業も重要な仕事ですね。
Q. 仕事のやりがいはどんなことですか?
仕事を通して自分自身が成長していけることです。例えば、現在使っている「AWS」というクラウドサービスは、前職まではまったく触ったことがありませんでした。でもSCGで使うようになって便利さが分かってからは、できることも一気に広がり、思いついたアイデアをより明確に形にできるようになりました。それがシステムやサービスにうまくハマったときは「よしっ!」と思いますね。

開発したシステムが正常に動作して大盛り上がり!

Q. 仕事してきた中で特に嬉しかったエピソードはありますか?
SCGでは、「O:der」プラットフォームを活用したデジタル店舗として、「THE LOCAL COFFEE STAND」というカフェを運営しています。店舗に入れる注文システムづくりにも自分が関わっていたので、実際に店舗が完成して、「O:der」を使って注文と決済が無事に完了できたときは、やっぱり感動しましたね。

「THE LOCAL」はデジタルサイネージを導入していて、アプリを通して入った注文がリアルタイムで表示されるようになっているので、自分の注文がパッと出た瞬間は「おお、出た!」とチームのメンバーみんなで盛り上がりました(笑)。開発者の一人として、実際に「O:der」を利用してくれている一般のユーザーを目の前で見られたこともすごく嬉しい体験でした。

Q. SCGの「ココが好き」を教えてください。
スタッフ同士の“距離感”がいいところです。SCGは、みんなが互いにリスペクトし合える各分野のスペシャリスト集団です。ひとつの目標に向かって結束力を発揮しつつも、“ただの仲良し”ではなく、“プロフェッショナル”として全員でいいものをつくろうという意識があるから、いいプロダクトを生み出せるのかなと思っています。それから、オフィスがワンフロアで代表の新田ともコミュニケーションが取りやすいので、エンジニアという職種のとらわれずにアイデアを共有できたり、深くプロジェクトに関わっていけたりするのもいいところですね。

エンジニア視点での提案もどんどんしていきたい!

Q. これからの目標、実現したいことを教えてください。
「O:der」のサービスが今以上に世の中に広がっていくように、もっと誰もが使いやすくて便利なサービスにしていくことですね。そして、そのために技術者としてもっと成長しければと思っています。実現したいと思い描いたことがスムーズにできるようになるのはもちろん、その知識やスキルをベースに、エンジニア視点ならではの新しい提案もどんどんできるようになりたいと思っています!

私の“仕事の原動力”!

小菅達也の写真
9歳と4歳になる2人の愛娘です!子供のためにもっとがんばらないと、とも思いますし、間違いなく働く動機のひとつになっています。休日は一緒に絵を描いたり折り紙をしたりして遊んでいますが、自分としては、むしろ“遊んでもらっている”感覚(笑)。かわいい2人にいつも癒やされています!