採用トピック

2020.04.13

Showcase Gig 採用インタビュー vol.2【サーバーサイドエンジニア】

Showcase Gigの各領域で活躍するエンジニア達。数ある選択肢があった中でなぜShowcase Gigを選んだのか。また仕事の中で何を考え、悩み、成長し遂げてきたのか。インタビューでご紹介します。

世の中に新しい価値を生み出すプロダクトづくりだからやりがいがある

サーバーサイドエンジニア Sさん(33歳)

お仕事の内容とその役割について具体的に教えてください。

テーブルからスマホで注文できる「SelfU(セルフ)」と、それを機能させるオーダープラットフォームの運用、開発、保守をしています。「 SelfU」は2019年6月にローンチしましたが、導入していただいたお客様からの要望や実現したい機能が多くあります。 また、技術的負債と言われるシステムとしての見通しの悪さや、開発の過程で蓄積されていってしまう問題を解消することにも取り組んでいます。

1日のワークスケジュールを教えてください。

当社は10時始業なので少し前に出社しまして、メールチェック等を行います。 10時半からチームのメンバーと朝会をして、その日のタスクと前日までの課題を確認します。 各々が担当するタスクを決めたらそこからは各自作業に取り掛かりまして、大体いつも13時ぐらいにお昼休憩を取っています。社内のカフェでサラダとパンを食べることが多いですね。 午後は引き続き作業をしたり、打ち合わせに参加したりして、19時終業というのが1日の流れですね。

Showcase Gigを知ったきっかけと、入社の決め手になったところを教えてください。

求人サイト上で当社CTOの石亀からスカウトとして声を掛けていただいたのがきっかけでした。 当社のモバイルオーダーというサービスが、私自身も飲食店を利用する際に「こうなったら便利だろうな」と思っていたことを、まさに実現していくサービスだったっていうところが大きなポイントでした。 それから、石亀から「今、すごく勢いがいいサービスで、世間の注目も集まっていて、これからの数年は他社では経験できない時間だよ」というメッセージをいただきまして、それも入社の決め手となりましたね。

仕事をする上で大切にされていることは何ですか?

やはり、Showcase Gigはこれまで社会になかった新しいサービスをつくっていますので、その過程で想定通りにいかないことがとても多くあります。 想定していない意見や、新しい考え方というものが出てきたときに、まずは冷静に受け止めてチームで話し合い、それがどういったものか、一旦冷静に評価して対処するといったことを大切にしています。

人に自慢できる会社の風土ってどんなところでしょう?

テーブルオーダーのSelfUをはじめ、オーダープラットフォームに携わる全員が、数年以内にモバイルオーダーという仕組みが日本中で使われて、それが当たり前の社会になるという自信と、「自分たちが社会を変えるんだ」というビジョンを持って日々挑んでいる風土だと思います。

プライベートの時間はどんなことをされていますか?

プログラミングをしていることも多いですし、技術書を読んで新しい技術を試してみたり、知人や元同僚のエンジニア達と集まって開発することもあります。 非常に移り変わりが激しい業界で、日々勉強しないと置いていかれてしまう面もあるので、常に危機感と向上心を大切にしています。

社内で好きな場所はありますか?

フリースペースのソファーが非常に居心地が良くて、よくそこで作業をしています。 当社の場合カフェに近い雰囲気を持っているので、自席で行き詰ったりうまく考えがまとまらないときに気分転換しによくフリースペースへ出ています。

今後、実現させたいことを教えてください。

「SelfU」が昨年ローンチしたばかりなので、今後プラットフォームとして大きく成長させていくためには、よりつくりも整えて、大勢のお客様が一度にアクセスするような状況でもそれに耐えうるようなシステムが必要になってきます。 では具体的にどうするかというと、ちょっと専門的な話になりますが。 今、全体を1つのシステムとして構築していて、一枚岩という意味のモノリシックなアプリケーションと言ったりもしますが、これをマイクロサービス化というサービス単位・機能単位で1つ1つを切り出して、それらが協調して動くという設計に変えていこうとしています。 そうすることによって、高負荷、大量のトラフィック等に耐えられるシステムの維持構築を目指しています。

どんな方と一緒に働きたいですか?

新しいサービスを世の中に生み出していく会社ですので、既成概念にとらわれず、何事にも興味関心を持って取り組んでいただける方だと、一緒に楽しく働けるかなと思います。

 

Showcase Gigエンジニア採用情報はこちら