プレスリリース

2019.03.07

次世代セルフ注文決済端末「O:der Kiosk」、首都圏駅ナカ店舗に導入を計画

次世代セルフ注文決済端末「O:der Kiosk(オーダー・キオスク)」
2019年夏へ向けて首都圏駅ナカ店舗に導入を計画
~マルチ決済および多言語対応、モバイルオーダー連携で店頭の省人化を実現~

プレスリリース本文

■JRグループと共同開発。2019年夏、駅ナカ店舗にて導入を計画
「O:der Kiosk」は、店舗業務の省力化及びキャッシュレス化を目的にJR東日本グループと共同で開発を進めている次世代セルフ注文決済端末となります。すでにショーケース・ギグが提供しているモバイルオーダーシステムと連動しているため、店舗では双方導入することでレジ業務やレジの設置台数を大幅に減らすことが可能です。
また、セルフ型かつキャッシュレスであるため、店舗の回転率も向上することにより、レジの行列が減り、待ち時間のストレスが軽減されることも目指しています。
今後は、「O:der Kiosk」をJR東日本グループの駅ナカ飲食店舗への導入が計画されており、モバイルオーダーとの併用により、顧客利便性を高めていくとともに、店舗運営の合理化を行い、新たな消費体験を生み出してまいります。
尚、本プロジェクトはJR東日本スタートアッププログラム2018の採択事業となっており、事業推進にあたりショーケース・ギグとJR東日本スタートアップでは資本業務提携も行っております。

■「O:der Kiosk」の特長
「O:der Kiosk」は、インターネットサービスとの相互接続を可能にした業界初の完全クラウド対応セルフオーダー決済端末です。従来の券売機は、ローカルネットワークでの動作を基本としており、インターネットサービスとの相互接続が難しい仕様となっていました。「O:der Kiosk」はモバイルオーダーサービスと共通のプラットフォームを活用して開発されており、メニューや注文の情報をモバイルオーダーサービスと一元化して管理することができます。
また、Suica等交通系電子マネーや各種QRコードを含むマルチ決済対応となっており、幅広くキャッシュレス化のニーズに応えます。さらに、多言語対応(英語、中国語、韓国語)により、訪日外国人の接客時にも強力な店頭ツールとなります。2020年のオリンピック開催に向け、ますます増える「インバウンド対応店頭業務」に向けて、モバイルオーダーと並んで活用されることを想定しています。
尚、従来モバイルオーダーと同様、店内の各種端末や外部インターネットサービスとの接続先も随時増やしていく予定です。

■導入前に「リテールテックJAPAN 2019」にて先行公開
この度、ショーケース・ギグでは、今夏の導入に先立ち、現在開催中の「リテールテックJAPAN 2019」にて、本機のプロトタイプの展示を行なっており、店舗導入前にご体験頂く機会を設けております。また、「O:der Kiosk」に加え、「Oder Wallet」や「SelfU」などの店舗省人化プラットフォーム「O:der」を用いた省人化サービスも併せて展示しております

昨今の日本では、少子高齢化による労働人口減少が社会的な問題となり、店舗の生産性向上やキャッシュレス化は急務の課題となっています。そんな中、ショーケース・ギグが目指すリアル店舗は店舗運営の現場における業務効率化や省人化による人件費の軽減に加え、利用者であるお客様の利便性と満足度を最大限に叶える店舗です。IoTを中心としたデジタル技術の革新で様々な新サービスを実現し、店舗とお客様双方の利便性を実現するサービスを身近な現場に浸透させたいと考えています。ご来場の皆さまに、ショーケース・ギグが展開するサービスを実際に見て、体験して頂ければと考えております。
省人化が作る新しい店舗体験の入り口を「リテールテックJAPAN 2019」にて是非ご体験ください。

※写真のICカードリーダーは、JR東日本メカトロニクス株式会社製となります。

<本件に関するお問い合わせ先>
JR東日本スタートアップ株式会社 担当 阿久津(あくつ) Email info@jrestartup.co.jp
株式会社 Showcase Gig 広報 髙堂(たかどう) Email press@showcase-gig.com