プレスリリース

2019.08.26

JR東日本グループ駅ナカに“未来型店舗”第1号が誕生、「O:der Kiosk(オーダー・キオスク)」を初導入

新型のセルフ注文決済端末「O:der Kiosk(オーダー・キオスク)」を初導入
スマホ事前注文・セルフ注文対応の“未来型店舗”第1号が誕生
駅ナカの混雑緩和と人手不足の解決へ

導入店舗:R・ベッカーズ池袋東口店(東京都豊島区南池袋1丁目)
導入日時:9月4日(水)11:30

>>>PDFダウンロード<<<

ジェイアール東日本フードビジネス株式会社と株式会社Showcase Gigは、JR東日本スタートアップ株式会社サポートのもと、9月4日(水)より東京都豊島区のR・ベッカーズ池袋東口店に、新型の次世代セルフ注文決済端末「O:der Kiosk」を初めて導入します。
同店舗は、これまでにスマートフォンなどから事前注文・決済ができるモバイルオーダーサービス「O:der(オーダー)」を取り入れており、今回の端末導入により、事前注文とセルフ注文の2つに対応した“未来型店舗”の第一号となります。

「O:der Kiosk」は、JR東日本グループと、ショーケース・ギグが共同開発した新型のセルフ注文端末で、クレジットカードや交通系電子マネーなどマルチ決済に対応しております。同店舗では、この端末により、お客さまのレジの待ち時間を軽減できるほか、注文した商品の調理進捗を店内のデジタルサイネージで確認することができるようになります。さらにモバイルオーダーサービス「O:der」を活用すれば、待ち時間なく商品を受け取ることも可能です。

店舗としては端末の導入で、注文受付や会計業務を軽減でき、店舗オペレーションの効率化、省人化を図れるため、飲食業界で大きな課題となっている人材不足の解決にもつながります。なお、R・ベッカーズ池袋東口店においては、この端末を導入することで、1人分のレジ人員削減ができる見込みです。

JR東日本グループでは、今後もこうした未来型店舗を増やしていくほか、急増する外国人旅行客に対応するため、端末の多言語化を計画しており、ベンチャー企業の技術とJR東日本グループの持つ資産をかけ合わせ、さらなる駅ナカの利便性向上を推し進めてまいります。

<本件に関するお問合せ先>
■報道関係者からのお問合せ
Showcase Gig 広報 高堂(たかどう) Email press@showcase-gig.com
■「O:der Kiosk」に関するお問合せ
サービスページをご確認の上、お問合せフォームよりご連絡ください。