その他

2018.12.03

JR大宮駅に「次世代オーダーカフェ」店舗が期間限定オープン

~JR大宮駅西口イベントスペースで12月3日より~

プレスリリース原文

 株式会社Showcase Gig(以下、ショーケース・ギグ 本社:東京都港区、代表取締役:新田 剛史)は、駅ナカ施設の混雑緩和とキャッシュレス化の推進を目的として、JR東日本スタートアップ株式会社(以下、JR東日本スタートアップ 本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:柴田裕)がJR大宮駅西口で展開する『STARTUP_STATION』で、スマートフォンとSuica対応のセルフ注文端末を利用した駅ナカカフェ店舗における実証実験を開始します。

■実証実験の目的
 駅ナカなどJR東日本グループの商業施設には、多くの飲食店や小売店があり、いかに利用者の待ち時間を減らしスムーズにサービスを提供できるかは大きな課題となっています。
ショーケース・ギグが展開するモバイルオーダー&ペイプラットフォーム「O:der」は、利用者が券売機や店頭で並ぶことなく、キャッシュレスで商品を受け取ることを実現し、店舗側ではオペレーション軽減による店舗省人化を可能にします。

 また、2018年10月より、ショーケース・ギグとJR東日本スタートアップは資本業務提携しており、今後はその提携における取り組みとして、両社で首都圏の駅ナカ施設における「O:der」の試験導入や、タッチパネルによって事前注文・決済ができるSuica等交通系電子マネー対応の店舗省人化ハードウェアの共同開発を進める予定です。
ショーケース・ギグは、引き続きテクノロジーを活用することで課題解決および利便性向上に寄与するとともに、さまざまなサービス開発等を通じて利用者への新たな価値の提供を目指していきます。

■実験内容
 今回の実証実験では、一般の方にモバイルオーダーとセルフ注文端末を利用してもらうことで、駅ナカ店舗での実用化に向けた課題解決の方策を検証します。ショーケース・ギグは本システムで、買い物客がレジに並ぶことなくスムーズに買い物を楽しめる環境を整えるとともに、小売店舗においては店舗運営の更なる効率化と将来的な省人化を目指しています。

■実験ブース概要
(1)期  間:2018年12月3日(月)~ 12月9日(日)
(2)営業時間:11:00~18:00 ※3日のみ14:00~
(3)場  所:大宮駅西口イベントスペース
(4)販売商品:計9商品(Becker’sの飲食4商品、駅弁屋のお弁当5商品)

ブース内観

ブース内観

【利用方法】
▶モバイルオーダーの場合

Webサイトへアクセス
②メニュー、数量を選択
③店頭で受け取り

▶セルフ注文端末の場合
①来店後、端末のタッチパネルでメニュー、数量を選択
②Suicaで決済
③店頭で受け取り

■『STARTUP_STATION』とは
 JR東日本のアクセラレーションプログラム「JR東日本スタートアッププログラム2018」にて採択したベンチャー企業と作り上げる新しいサービスやビジネスのデモンストレーションをメディアの方やお客さまの体験していただく場として、「 STARTUP_STATION 」を開催いたします。
 「JR東日本スタートアッププログラム2018」は、ベンチャー企業や様々なアイディアを有する方々から、駅や鉄道、グループ事業の経営資源や情報資産を活用したビジネス・サービスの提案をオープンに募り、ブラッシュアップを経て提案を実現していくプログラムで、今年は182件のビジネスアイデアの提案をいただきました。
※主 催:東日本旅客鉄道株式会社 、JR東日本スタートアップ株式会社 共催
※入 場:無料
※イベント内容について予告なく変更となる場合がございます。