プレスリリース

2019.02.21

Jリーグクラブへ初導入 事前注文・キャッシュレス決済でスタジアムグルメを満喫、並ばない飲食体験へ

モバイルオーダー&ペイサービス「O:der」をJリーグクラブが初導入 
事前注文・キャッシュレス決済でスタジアムグルメを満喫、並ばない飲食体験へ
~2019年3月17日(日)のツエーゲン金沢2019シーズン開幕戦より利用可能に~

プレスリリース原文

株式会社 Showcase Gig(本社:東京都港区、代表取締役社長:新田 剛史、以下:ショーケース・ギグ)は、株式会社石川ツエーゲン(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:米沢 寛)が運営するプロサッカークラブ「ツエーゲン金沢」のホームスタジアム「石川県西部緑地公園陸上競技場」に隣設するスタジアムグルメ街「ツエーゲン茶屋街」において、2019年開幕戦より順次、ショーケース・ギグが提供するモバイルオーダーアプリ「O:der(読み:オーダー)」を導入することをお知らせします。これにより、従来の現金払いに加え、事前に注文と決済が可能となるため、屋外屋台の行列に並ばずに商品が受け取れ、よりストレスの少ない試合観戦が実現します。

導入の背景
ツエーゲン金沢のホームゲーム開催日のみにオープンする「ツエーゲン茶屋街」では、石川ならではの食材を使ったバラエティ豊かなスタジアムグルメやツエーゲングッズなどの物販屋台が立ち並んでおり、毎試合前、大勢のサポーターで賑わっています。

一方で、混雑時にはおよそ1時間の待ち時間やメニューをじっくり選べないといったことが課題となっています。さらに、ツエーゲン茶屋街での支払い方法は現金支払いのみとなっており、支払い時の小銭を探す手間など、現金支払いにより待ち時間がさらに増幅している状況です。店舗側でも、口頭での注文受付や調理受け渡し後の現金決済対応などオペレーション効率の低さが課題となっています。そこで、利用客と店舗側双方の利便性を高めることを目的に、屋外屋台においては初めて「O:der」を導入するにいたりました。

本サービスは、ショーケース・ギグが提供する店舗省人化プラットフォーム「O:der」のスマートフォンアプリ(iOS/Android対応)です。利用者は試合観戦前にスタジアムグルメ[1] の注文・決済を済ませることで、各出店前の行列に並ぶことなく、キャッシュレスかつスムーズな受け取りが可能となります。また、店舗側では口頭による注文受付や会計業務のオペレーション軽減ができるほか、店舗スタッフの業務効率化が図れるため、売上アップも見込めます。

ショーケース・ギグと石川ツエーゲンは、今後もサービスの向上に努め、これまで以上に便利でストレスフリーな観戦体験の実現を目指します。

■導入店舗
ツエーゲン茶屋街


<住所>〒920-0361 石川県金沢市袋畠町南136 (石川県西部緑地公園陸上競技場前広場)
<営業時間>試合キックオフ3時間前~後半開始15分

■サービス開始日
3月17日に石川県西部緑地公園陸上競技場で開催される2019シーズン明治安田生命J2リーグ第1節『ツエーゲン金沢 vs FC町田』の試合当日(14:00キックオフ)より開始します。

<本件に関するお問い合わせ先>
広報 高堂(たかどう) Email:press@showcase-gig.com